婚活でハゲ(薄毛)男性が絶対にやってはいけない3つの事

婚活一般
 
テツオ
テツオ

最近薄毛が気になってさ。

そうなんだ。

テツオ
テツオ

最近思ったんだよ。
こんなに婚活頑張ってるのに成果が出ないのはきっと俺がハゲてるからなんだろうなって。

そうなのかな。。。

テツオ
テツオ

そうに決まってるよ。
金持ちになれないのも推しのアイドルと結婚できないのも宝くじが当たらないのも全部俺がハゲてるせいなんだ

それは違うような。。。

どうも。元婚活冒険家のジローです。
婚活男性でハゲ(薄毛)を気にする人は多いです。

しかし、結論から言うと婚活でハゲ(薄毛)は気にする必要はありません。
何故なら自分が思っているほど女性は気にしてないからです。

ただ、婚活でハゲ(薄毛)男性が絶対にやってはいけない事があります。

今回は婚活でハゲ(薄毛)が絶対にやってはいけない事をまとめましたので参考にして下さい。

スポンサーリンク

婚活男性で薄毛に悩む人は多い

ホットペッパービューティーアカデミーが2022年に行ったアンケート調査によると、「自身が薄毛である」と答えた男性の割合は26%でした。
(参考:https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/trade/hair/42218/)

これでいくと4人に1人以上の男性がハゲ(薄毛)を自覚しているという事です。
またハゲ(薄毛)男性の7割以上がその事に悩んでいるという結果も出ています。

この事から婚活男性においても実に多くの方がハゲ(薄毛)で悩んでいるという予測ができます。

婚活女性はハゲ(薄毛)男性を気にするのか?

冒頭にも書きましたが実は婚活女性の多くはハゲ(薄毛)をそれほど気にしません。
もちろん髪の毛はないよりあった方が良いでしょう。
しかし、重要度でいくとそんなに高くないのが実情です。

反対に婚活で女性が意識するのは以下の項目です。

  • 清潔感
  • 年収
  • 性格
  • 頼りがい
  • 子どもがほしいかどうか

逆に言うと、↑が婚活女性の意向にマッチしていればハゲ(薄毛)でも全然モテます。

婚活でハゲ(薄毛)男性が絶対にやってはいけない事

さて。婚活でハゲ薄毛男性は問題ないことを書きましたが、やってはいけない事が3つあります。
ハゲ(薄毛)男性はコレをすると絶対にダメなので注意してください。

ハゲ(薄毛)を無駄に隠そうとする

ハゲ(薄毛)男性はやはり自身の薄毛がコンプレックスです。
だからできるだけそれを「隠したい」という人が多いでしょう。

例えば帽子を被ったり、スーパー○リオンヘアーを塗りたくったり。
中にはウィッグを使う人もいるかもしれません。

しかし、この際言っておきます。
婚活で変に隠すのはやめましょう。

だって確実にバレるからです。

ハゲ薄毛を隠すのはシークレットブーツを履いて身長を誤魔化すのと似ているようで実は全然違います。
例えばシークレットブーツで2.3センチ身長を誤魔化すのはまずバレません。
何故ならシークレットブーツは踵(しかも靴の中)に仕込むものだからです。
そしてブーツを脱ぐのはある程度親しくなった段階です。

しかし、ハゲ(薄毛)隠しは頭のテッペンに仕込むものです。
「初めまして」の段階でもう違和感があります。

帽子にしても食事中や映画を観ている時も被らないといけなくなります。
違和感満載です。

どうせバレるものを無理に隠そうとした場合、婚活女性にその姑息さを見透かされ確実に嫌われます。

卑屈になるor自虐的になる

「俺はどうせハゲたから」
「ハゲは何したってうまくいかない」

ハゲ薄毛男性の中で↑のように卑屈になる人がいます。
しかし、これはもっとも女性に嫌われる態度です。

何故なら卑屈になるのは元々女性に多い傾向があり、女性は逆に男性には「堂々としていてほしい」 という願望があるからです。

考えてもみてください。

「わたしってどうせブスだし誰からも好きになってもらえないんだ」
という女性に対して、男性側が
「俺もハゲたし誰からも相手されないんだよ(ウジウジ)」
と答えたとします。
そこから何が生まれますか?
何も起こりません。
ちーん終了です。

それならまだ、

「俺もハゲてるけどそんな事気にした事ないぜ。ていうか、そもそも君をブスだなんて思った事ないけどなぁ。(キリっ)」

と返答した方がよほど好感が持てます。

また、逆に自虐的になり過ぎるのも✖️です。
何故なら親しくない段階であまり自虐的になり過ぎると十中八九、女性側がリアクションに困るからです。

婚活でハゲ(薄毛)男性は卑屈にもならず、自虐的にもならず、「ふつう」にしていれば良いのです。

オシャレを諦める

ハゲ(薄毛)男性に多いのがオシャレを完全に諦めている人です。
どうせハゲ(薄毛)だし、似合う服もないからテキトーでいいや。
こんな気持ちがあるかもしれません。

しかし、オシャレはハゲ(薄毛)だからしなくていい事はまったくありません。
いや、むしろハゲ(薄毛)だからこそ頑張らないといけません。

逆に言うとファッションをしっかりすれば、ハゲ(薄毛)男性でもモテる可能性は十分あります。
具体的にどういうファッションが良いかわからない方は↓の記事を是非参考にしてください。

ジローのコンプレックス学

人を選び選ばれる婚活では、どうしても自身のコンプレックスと向き合う時間が長くなります。
年収、身長、学歴、体型、頭髪。。。
婚活ではコンプレックスになりそうなものは沢山あります。
というかスペックの裏返しがコンプレックスです。

もちろん努力でなんとかなるものは頑張って改善すれば良いでしょう。
その努力は尊いものです。

わたしも10年に渡る婚活で様々なコンプレックスと向き合い、努力して乗り越えたものもあれば乗り越えられなかったものもありました。

しかし、いくら頑張ってもどうにもならないもの(例えば薄毛のように遺伝子レベルのもの)にいつまでも囚われていてもしょうがないです。
時間の無駄です。

婚活に限らず人はどんな時でも与えられたカードで勝負するしかありません。
人生とはそういうゲームです。
だったらそのルールの中で楽しめる方法を探したほうがよっぽど生産的です。
ましてやハゲ(薄毛)は結婚相手を決める大きな要素ではないのですから。

また、「コンプレックスがある」と言う事は相手のコンプレックスに「共感できる」能力があるという事です。

婚活ではそうした共感力を養うほうが大切です。
そして共感力があったほうが絶対にモテます。

まとめ

今回は「婚活でハゲ(薄毛)男性が絶対にやってはいけない3つの事」について考えてみました。
やってはいけない3つの事を再度まとめると↓になります。

  • ハゲ(薄毛)を無駄に隠そうとする
  • 卑屈になるor自虐的になる
  • オシャレを諦める

また、もはや変えようもないコンプレックスに囚われるのは時間の無駄なのでやめましょう。

皆様の婚活に幸運がありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました