婚活でするとヤバい失敗について解説

婚活一般

 婚活ではいろいろな失敗があると思います。ほとんどの失敗は謝罪やフォローがあれば許されると思いますが、中には絶対にやってはいけないヤバいことがあります。

 ここでは10年間の婚活の中でわたしが思う絶対にやってはいけないヤバいことをレベルに分けてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ヤバい度🔥(ぼやレベル)

名前を間違える

 キラキラネームという言葉がない時代に生まれた30代や40代の人というのは似通った名前が多いです。そのため婚活で沢山の人とやり取りしている場合、残念ながら間違える可能性が非常に高いです。

 しかし、ありがちなこの名前間違いですが、実は婚活では致命的です。というのも、これは相手のことをちゃんと認識していないばかりか、「わたし他の人とも並行してやり取りしてるんです!」ということをわざわざ伝えているに等しいからです。

 もちろん婚活では同時平行で複数の人とやり取りするのは全然ありです。しかし、それをわざわざ相手に伝える行為は明らかにマナー違反でヤバいです。

 間違ってしまった際は、できる限り誤魔化すようにして、間違ったことを認めない方向で突っ切りましょう。

同じことを何度もきく

 婚活パーティーでありがちですが、いろんな人といろんな話をしていると、目の前の人と何を話したか忘れてしまう事があります。

 結果同じような質問を繰り返してしまい、「あれっ。それさっきも言ったけどな。この人話聞く気があるのかな?」と相手から思われることとなります。

 また、マッチングアプリなど会う前のメッセージ交換が長期間に渡ると、いざ会ったときにこれまでどんなやり取りをしていたか忘れてしまい、メッセージのやり取りで聞いたことを再度会って聞き直したりすることもあるでしょう。

 これは不特定多数の人とやり取りする婚活ではある意味避けては通れない失敗かもしれません。しかし、2度ならまだしも3度4度と何度も同じことを訊いてしまってはさすがにヤバいしアウトです。

 対策としてはスマホのメモ機能などを使って相手のプロフィールを自分なりにまとめて見返すのが有効でしょう。婚活パーティーなど次から次に相手が変わって時間がない場合は、自分が興味を持った人に限定してメモするようにしましょう。

ヤバい度🔥🔥(半焼レベル)

清潔感がない

 婚活では特段オシャレである必要はありませんが、最低限の清潔感は必要です。男性に多いですが、髪はボサボサ、無精ヒゲ、タバコ臭い、ヨレヨレのシャツに薄汚れた靴など。これでは格好悪いどころか相手に失礼ですしヤバいです。

 髪は適切にカットして広がるようであればワックスを活用する。白髪は染める。髭は剃る。シャツはアイロンを充てる。革靴は磨く。これらはどれもオシャレ以前の最低限の身だしなみです。

「自分は中身で勝負する!」という方も居るでしょうが、皮が腐ったミカンを誰も食べないのと同じで、清潔感のない人の中身など誰も知りたいとは思わないのです。

↓関連記事↓

婚活で困るほどモテる方法 【男女編】
「婚活では沢山の人にモテなくてもいい」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、その考えは間違いです。モテたほうが選択肢が増え効率的に婚活が進められ、成婚までの時間が圧倒的に短縮されるのです。人生にとって時間は何よりかけがえのない宝です。  以下にわたしなりに感じた婚活でモテる方法を男女別に挙げていきたいと思います。是非モテ男、モテ女になって一瞬で婚活を終わらせてしまいましょう!

自分の家族の悪口を言う

 婚活の場で自分の家族の悪口を言うのは危険です。というのも、婚活というのは結婚相手を探す活動であり、結婚相手=家族になるからです。よって婚活で家族の悪口を言う人は 「あなたと結婚したらあなたの悪口も言いまくるわよ!」と言っているに等しいのです

 当然ながらそんなヤバい奴とは誰も結婚したくありません。

 不幸な生い立ちであるなど、どうしても自分の家族の悪口を言いたい方は「家族とはなんかいろいろあったけど、そのお陰で今の自分があるんたよね♪」的にまとめて、ポジティブな印象を与えるようにしましょう。そうすることで「あっ。この人は逆境にも挫けずに頑張ってきたんだ」と良い風に捉えてもらえます。

ヤバい度🔥🔥🔥(全焼レベル)

笑顔がない 無愛想

 笑顔がない無愛想な人とは婚活に限らず誰しも関わりたくないものです。人見知りのため表情が硬くなるのは仕方ないにしても、相手の気持ちを考えればなにかしらのレスポンスはするべきでしょう。

 中には相手に対して興味がないといった理由で、笑顔を出さない、出してたまるか!という人もいるかもしれません。

 わたしも婚活パーティーで出会った女性で、こちらがどんなに頑張っていろんな質問をしても、ブスッとした表情でほとんど無視に近い対応をする方がいました。相手からするときっとわたしにたいして興味がなかったので取った行動だったかもしれません。しかし、された側はテンションが下がりますし、たまったものではありません。

 自分が興味のある対象にだけ笑顔になるのは、ハッキリ言って子どもの所業ですしヤバいです。

婚活は大人の社交場でもあるわけですから、大人の対応ができないのであれば参加すべきではありません。

無神経

 コミュ力の無さに害は無いですが、無神経は大きな害を与えます。無神経にもレベルが有りますが、もっともヤバいのは相手のコンプレックスを逆撫でするような言動です。

 例えば太ってる人に「君太ってるよね♪」とか、背が低い人に「あんた背低いよねっ」などです。言われた側からすると「そんなん言われんでもわかってるわ!」と激怒必至で婚活どころの話ではありません。

 さすがにこんな直接的なことをいうヤバい人は稀かもしれませんが、ふとした時に無神経な発言をする人は婚活の場でも多くいます。

 例えば、「なんでその年齢まで独身だったんですか?」とかです。いろいろあって独身だから婚活してるのに、そういう風に言われると話す気も失せてしまいます。っていうかその前に「それはお互い様だろっ」ってツッコミ入れたくなります。

 とにかく無神経はコミュ力以前の問題ですので言動には注意しましょう。

金を払わない

 男性に限らず女性であっても金払いの悪い人は致命的です。ここでいう金払いは相手の分も奢るとかではなく、あくまで【自分の分を自分で出す】という至極当然の行動のことです。

 男性で自分の分すら出さない人は一発退場なのでほぼお目にかかれないと思いますが、女性では10人に1人くらい財布すら出そうとしない人がいます。

 女性の中には「お金は男性が出すべき」という意見もあるでしょう。しかし、奢るか奢らないかはあくまで相手が決めるべきことなのです。
 図らずも相手に食事を奢ってもらった場合は、その後のお茶を奢り返したり、何らかのお返しを必ずしましょう。

↓関連記事↓

婚活で女性は財布を出すべきか
婚活でよく問題になるのは、「食事代金の支払いをどーするか」です。初めて会った男性との食事。女性は半分支払うべきか。ここでは永遠のテーマともいえる「女性は財布を出すべきか」についてジローが結論を出します。

ヤバい度🔥🔥🔥🔥( 山火事レベル )

身体に触る

 説明するまでもありませんが身体を触るのはダメ 絶対。

 女性から男性へのボディタッチはある程度許されるかもしれませんが、逆は有り得ません。犯罪です。

 また、女性も興味のない相手にノリでボディタッチするのは控えましょう。というのも、女性慣れしていない男性の場合、「あっ、コイツ俺に気があるんだ」勘違いされ、最悪の場合ストーカーになってしまいます。それはヤバいです。

 男性も女性も気をつけましょう。

まとめ

 いかがでしたか。ここでは【婚活でするとヤバい失敗】についてレベル順に取り上げてみました。まとめると以下になります。

  • ヤバい度🔥(ぼやレベル)
    ○名前を間違える 
    ○ 同じことを何度もきく
  • ヤバい度🔥🔥(半焼レベル)
    ○清潔感がない
    ○自分の家族の悪口を言う
  • ヤバい度🔥🔥🔥(全焼レベル)
    ○笑顔がない 無愛想
    ○無神経
    ○金を払わない
  • ヤバい度🔥🔥🔥🔥(山火事レベル)
    ○身体に触る

 ヤバい度3,4は一発退場レベルですが、1,2はやりがちな失敗がですので是非気をつけて頂ければと思います。
 皆様の婚活に幸運がありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました